京焼・清水焼 抹茶碗 正向軒 黒楽 (しょうこうけんくろらく) [1547001]

商品詳細

ぷつぷつっとした柚子肌の表現は千利休に重用された陶工長次郎の考案した黒楽の神髄でもあります。使い込むほどに漆黒は深みを増し手にしっとりと収まるようになります。
この黒楽は通常の楽焼より堅く焼成されており、海外の方にも安心してお使いいただけます。

サイズ直径 約11.0cm×高さ 約9.0cm
作者正向軒
包装箱化粧箱

 

全体のスタイルは横方向の大きな削りにより胴締めと呼ばれるクビレが造られます。

右回転させて画像手前の正面を避けますと画像右側にある薄い部分が口元にきて飲み口がよくなるようになっています。

底部には大きな茶溜まり(窪み)が見えます。
楽焼の内側は底が平らで側面が垂直に立ち上がる造りになっているので、抹茶を点てる際の揺れが適度におさまり点て易いです。

高台を見て落款(印)を左側にしますと画像の上が正面方向になります。

京焼・清水焼 抹茶碗 正向軒 黒楽 (しょうこうけんくろらく) [1547001]

販売価格: 8,500円(税別)

(税込価格: 9,350円)

レビュー

0件のレビュー