清水焼 ご飯茶碗 おりべ帯南蛮 (おりべおびなんばん) [0122020]

商品詳細

織部とよばれる深緑の釉。織部という釉は自然な感じで流れたり、その変化を楽しむわびさびの効いた器が多いのですが、このデザインは自然な流れを一直線に止めてしまい、さらに四角い窓まで造ってしまうという逆転の発想が、個性的なデザインになっています。

サイズ(小)直径 約11.5cm×高さ 約5.5cm、(大)約12.5cm×高さ 約6.0cm
作者
素材陶器
包装箱化粧箱

2客ペア価格: 5,600円 + 税
※1客ずつでもお買い求めいただけます。

 

清水焼 おりべ帯南蛮 (おりべおびなんばん)

抹茶碗によく見られる、口縁の山道と呼ばれるうねり。
古典的なデザインと帯状に施されたモダンなデザインが絶妙です。

厚みがあるのに嫌な重さがないのは底の方からロクロで
均一に土を立ち上げているからです。熟練の技が光ります。

清水焼 おりべ帯南蛮 (おりべおびなんばん)

帯部分には鉄釉を施し黒鉄色に。その上を織部釉が流れ落ちるギリギリのところで留まっています。

清水焼 ご飯茶碗 おりべ帯南蛮 (おりべおびなんばん) [0122020]

販売価格: 2,800円(税別)

(税込価格: 3,024円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

サイズ 選択
(小)直径 約11.5cm×高さ 約5.5cm
(大)約12.5cm×高さ 約6.0cm
2客ペア
サイズ:

販売価格: 2,800円(税別)

(税込価格: 3,024円)

数量:

レビュー

0件のレビュー