京焼・清水焼とは

催事のお知らせ

【京焼・清水焼の特徴】

京焼の伝統技法、意匠を受け継ぎ、手造り・手描きによって生産される陶磁器を京焼清水焼と呼びます。

1000年にわたる王朝文化に彩られた京の都では、貴族や茶人達により、もてなしの器、嗜好品として、様々な種類の器が求められました。その要望に応える為、京焼は日本各地のみならず中国大陸・朝鮮半島などからも意匠・技術を取り入れてきました。
優れたデザイン性と高度な技術を受け継ぐ為、今日でも手造り手描きによって一つ一つ丁寧に作られております。

 

清水焼

灰釉桜

 

【京焼と清水焼とは】

京焼とは京都の焼物の総称です。かつては三方を山で囲まれた京都盆地内に、茶器や割烹食器などを作る様々な焼き物の窯場がありました。それぞれの窯場の地名をとり、御室焼、粟田口焼、御菩薩池焼などいくつもの焼き物の産地が存在しました。それらの総称を京焼と呼んでいました。
清水寺(きよみずでら)の麓でつくられていた清水焼(きよみずやき)も京焼の中の一つでした。

 

清水焼

金蘭手

とりわけ、磁器生産によって発展した清水焼は生産力、組織力の上でも大きな勢力を有しました。

そのような経緯から清水焼が京焼の代表格となり、現代、経済産業大臣指定伝統的工芸品としての正式名称も『京焼・清水焼』とされています。

したがって京都で伝統的手法に基づいて手仕事で生産された焼き物は京焼と言っても清水焼と言っても間違いではありません。ただし、清水焼は主に割烹食器を主とした生産地であった為、抹茶道具の世界においては清水焼とは言わず『京焼』と呼ばれます。

 

色絵柳橋

色絵柳橋

清水焼イメージ【京焼・清水焼の歴史】

 

1、京焼の始まり

 

京焼というのは本来、京都の市民の生活の為に必要とされて作られたものではありません。

京焼が始まろうとする戦国時代末期、すでに全国各地の主要な焼き物の産地では陶器生産が盛んに行われていました。
政治の中心は江戸に移っても京都は都ですから、全国各地からその都人の生活を支えるだけの物品は陶磁器に限らずあらゆるものが手に入りました。
このことから京都で登り窯を構築し陶磁器を制作する必要性は全くありませんでしたし、また、早くから市街地化している都で、原料土を採掘することは不可能でした。

ではそもそもなぜ京都で焼き物を作り始めたのでしょうか?

その要因として、お公家さん、大名、豪商、はたまた、寺社仏閣。大きな経済基盤を有した上層階級の存在が挙げられます。

政治の中心であった江戸に対して、京都・大阪は文化・経済の中心でありました。経済人でもある京都・大阪の上層階級の人々は地の利を活かして、外国と貿易をし、富を得ていました。
そして彼らの集まるサロンにおいては数多くの中国大陸、朝鮮半島など東アジアからの陶磁器を輸入し、保持することがステイタスでもあったのです。

 

清水焼

 

京都において高度な陶磁器文化が発展する礎がここに生まれます。やがて東アジアの陶磁器への憧れは京都にて陶磁器を生産するきっかけとなっていったと考えられます。

桃山時代以後、茶の湯の流行によりその様相が変化しました。
茶の湯のための道具は付加価値を見出され、需要の増加とともに手近なところでの茶陶の生産が必要になりました。それまで東アジアの陶磁器を珍重してきた上層階級の人々は自らの好みを体現すべく、その経済力を活かし直接生産させることに成功しました。

文献によると1600年ころにはすでに京焼という言葉が使われていました。また、その頃には三条粟田口に登り窯が築かれていたとされています。

 

粟田神社

粟田神社

 

2、仁清と乾山

 

仁和寺門前で1650年ころ開窯した野々村仁清や、その弟子尾形乾山(1663年〜1743年)により今日の京焼・清水焼の多くのデザインの基礎が作られることになりました。仁清は姫宗和と謳われた茶人、金森宗和の庇護のもと雅やかな色絵陶器を作り出しました。乾山は兄、尾形光琳との合作により琳派を創出しデザイン化された京焼の特徴的な作風を手がけました。

 

清水焼 乾山写し小皿

乾山写し小皿

 

3、磁器生産の開始と名工輩出

 

京都で磁器が生産され始めたのは北部九州から遅れること実に150年以上の1800年ころ奥田潁川(えいせん;1753年~1811年)によって始められました。潁川は呉須赤絵など輸入陶磁器の写しに取り掛かかります。
このころ貴族、文人墨客らを中心に煎茶文化が興り流行しだします。それによってさらに需要が高まり、磁器生産を支えました。

清水焼 煎茶道具

煎茶道具

 

京焼が躍進したこの時代に清水六兵衛、青木木米、仁阿弥道八、永楽保全などの名工達を輩出しました。彼らは京都の文化の中であらゆるスパイスを加えながら新たな京焼のデザインを創出していくのです。

 

4、京焼の陶工と写し

 

当初より京焼では

(1) 東アジアの陶磁器の高度なデザインと手仕事の技術を習得する為に徹底して名品を “写し“ ました。

(2) そこから少しずつオリジナルの要素を付け加えていき京焼独自のデザインの基となっていくのです。

以降、茶の湯文化の広まりと共に京焼の需要は高まり、生産量が増えるとともに新たに陶工となる者の技術の習得が課題となりました。そこで①から②の作業が繰り返されることにより、高いデザイン性、技術を受け継ぐことが可能となりました。

 

清水焼 絵付け

絵付け

 

そうした背景の中で瀬戸・美濃系の技法による唐物茶入の写し、肥前・唐津系の技術による高麗茶碗の写しなどを盛んに行い、優れた陶工も現れてきました。
これは京焼・清水焼の陶工の技術習得の伝統として今に受け継がれていきます。

また、京都で陶磁器生産をする、ということは、東アジアの陶磁器に限らず、金工漆芸、呉服、あらゆるデザインの要素を写しとることが可能であり、それらのデザインをミックスさせていくことで、新しい京焼の世界を創出していくことに成功し今に至るのです。

これは京焼に限らず、日本のものづくりの基本的な方法として根付いていくことになります。
そして京焼は今日まで手仕事によって受け継がれていることはもとより、増大する需要に応えるため、原料調達、轆轤師、絵付師、窯師などの分業体制を構築したことで産業として発展しました。


5、明治の変革と京焼


明治になると京焼の状況は一変します。需要の大きな後ろ盾であった貴族は多くが東京へ移り住みました。廃仏毀釈により京都でも多くの寺院が荒廃しました。しかし、日本の開国によりその文化の多くはヨーロッパ中に知れ渡ることとなり「ジャポニズム(日本趣味)」が流行となります。当然そのジャポニズムの中心は京都の文化となり、京焼もその流れに乗り、輸出時代を迎えるのです。
また、このころ京都には各地から多くの人が移住し京焼など需要の高まる手工業生産の担い手となっていきました。

明治以降、京都の伝統文化が途絶えることなく続いたのは、長年蓄積された、奥深いデザイン性、技術。
海外でのジャポニズムの流行。そしてなによりも茶の湯、煎茶道の家元をはじめとする多くの文化人が京都に居続けたことが一番大きな要因といえます。
しかし、昭和に入ると日本は戦争に巻き込まれていくことになり、京焼の陶工たちも時代の流れに翻弄されることとなります。

 


6、戦後の京焼


今は五条坂と呼ばれる清水寺から坂を降りきった、大きな交差点を中心とする地域。この辺りは京焼の中でも清水焼の生産地として発展してきました。明治以降生産量が増大し、京焼・清水焼と並び称されるようになりました。
ここは戦争に振り回された悲しい地域でもあるのです。
清水焼の窯元が集まる五条坂から100m南へ下った、馬町は、戦火を逃れたとされる京都市内において唯一空襲があり死者の出たところでもあります。

空襲とは直接関係はないと思いますが、戦時中は陶器製の手榴弾を作ったり窯元も戦争に協力せざるを得ない情勢だったそうです。
そうして苦難の日々を送っていた清水焼の陶工たちに追い打ちをかける出来事がおきます。

戦後の強制疎開・・・戦後に?、そうです、防災道路として大きく道路を拡張することになった現在の五条通り。もともとは現在の北側の歩道程度の幅だったらしいのですが、50メートル以上南へ拡張されその周辺にあった窯元は根こそぎ撤去、移動せざるを得なかったのです。

五条坂

 

五条坂左側の歩道がもともとの五条通り、右側の車道はすべて強制疎開の跡
戦後の混乱も相まって、窯元としての組織を維持できず廃業に追い込まれた人たちもいます。名工と呼ばれようが容赦なく足を洗わざるをえない人々の悔しさ、無念さ、計り知れないものがあります。

そんな京焼・清水焼も高度成長期には需要が回復し、全国の百貨店でも販売されるようになります。
現在山科区の清水焼団地、強制疎開を免れた一部の五条坂・清水地域、泉涌寺地域一帯、宇治の炭山地域やその他京都以外の周辺地域においても京焼・清水焼の窯元が存続しています。