京焼・清水焼の技法

京焼・清水焼の歴史はおよそ400年前まで遡ります。
当時の貴族や茶人達そして多くの料理人の要望に応える為、日本各地のみならず中国や朝鮮半島から
意匠、技術を取り入れ、京都の文化の中で洗練されて来ました。主な技法のいくつかをご紹介いたします。

清水焼 京焼き・清水焼 技法<br>染付(そめつけ) 
京焼・清水焼の技法
染付(そめつけ)
鮮やかな藍色が決め手です。
清水焼 京焼き・清水焼 技法<br>三島(みしま) 
京焼・清水焼の技法
三島(みしま)
茶人に愛されてきました。
清水焼 京焼き・清水焼 技法<br>交趾(こうち) 
京焼・清水焼の技法
交趾(こうち)
和室に異彩を放つ器です。