清水焼 急須  焼〆 中(やきしめ ちゅう) [0513011]

商品詳細

中サイズは2から3人分の茶葉が適量。京都の急須は中に網を使いません。すべての茶葉の中をくぐり、その旨味を捉えながらお茶が注ぎ出されるイメージ。
土の風合いをそのままに使い込むほどに深い茶色へと変化してまいります。

サイズ直径 約13.0cm×高さ 約6.5(蓋含8.5)cm
容量約 250cc
作者喜信
包装箱化粧箱

 

薄くロクロで成形された注ぎ口を湯切りの良いように丁寧に反らせていきます。熟練した職人の技術を要します。

内側から注ぎ溝を見た所、一筋一筋彫っていきます。
深すぎず浅すぎず、この急須の使い勝手がこの仕事で決まります。

女性が持っても片手で扱えます。

外側は緩やかに丸みを帯び、持ち心地もよいです。内側にだけ数ミリの段差をつけ、そのわずかな段差で蓋を受けています。
蓋も身もすべてロクロの仕事です。

左側;小(200cc)と右側;大(320cc)もございます。

清水焼 急須  焼〆 中(やきしめ ちゅう) [0513011]

販売価格: 4,300円(税別)

(税込価格: 4,730円)

レビュー

0件のレビュー